ミニチュアシュナウザーの子犬が産まれました。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ミニチュアシュナウザーの子犬が産まれています。
2019年 11月22日生まれ  おとこのこ×3
超甘えん坊に育てています。
甘えん坊の子ならばやはり男の子ですね!
両親とも最高の血統です。
お父さんはJKCチャンピオン  お母さんは当店の子ですが今回初めての出産の子で有名犬舎からお願いしてお譲りいただきました。
あとから譲って失敗したといわれましたがそれくらい良い子です。
お母さんの胴体犬はあっという間にJKCチャンピオンになりました。

当店はお譲りまで時間がかかります。なぜなら3か月間母犬と兄弟でけんかしたり寄り添ったりすることを大切だと考えています。
無駄吠えをすればほかのおばあちゃんわんこ達に怒られたり,兄弟でかみ合って噛まれるということが痛いということを覚えることで無駄吠えや噛み癖がなくなると思います。
実際当犬舎の子たちは,無駄吠えや噛んだりしないとよく言われます。育て方でも変わってきてしまうかもですが!
三つ子の魂100までといいますがわんこも3か月という期間がとても大切だと考えています。
また,一番大切な60日と90日のワクチンが完了せずにお譲りすることでお渡ししてすぐに病気で亡くなるという事態を防ぐためにも当店でワクチンをすべて完了して安心できる10日後まで当犬舎以外の方や当犬舎以外のわんこへの接触をさせないようにしています。
ワクチン代を浮かせるためにおうちに行ってからワクチンを打ってくださいというのは違うと考えています。
また,マイクロチップも当犬舎で打ってからおうちに迎えていただこうと考えています。(これからの時代はマイクロチップが重要になってきます。)

まだお譲りできる子が決まっていませんので気になる方は面接のご予約を!

当犬舎はお金を払えばお譲りするわけではなく,家族の一員として大事に育てていただける方のみお譲りしています。
また,わんことの相性を見させていただきお断りする場合もございますが,ルシェルシェのわんこはいつもそんな感じと思いご了承ください。
いつも本当は譲りたくないのでしょう。といわれることがありますが譲りたくないわけではなく愛情をそれだけこめて育てた子たちですので別れがつらいだけです。
また来ますといっていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です